【まとめ】ザ・リッツ・カールトン日光宿泊記:スイートの客室は?プラチナ特典は?最高の朝食もレポート!

リッツカールトン日光 宿泊記

【2022年2月23日更新】
・レストランの利用レポートを追加しました。

こんにちは!うさ(@usagimile)です!
こちらの記事はリッツカールトン日光の宿泊記のまとめです。

プラチナ特典によるスイートアップグレードも!?
気になる客室の様子から、朝食まで、完全レポートしていきます!

リッツカールトン日光について

リッツカールトン日光は、2020年7月にオープンしたホテルです。
リッツカールトンはマリオットグループの中で、いわずとしれた最高峰のホテルです。

なんと世界初の温泉があるリッツカールトンとのことで、宿泊を楽しみにしておりました。
今回は、前評判以上の思い出に残る滞在になりました!

< リッツカールトン日光基本情報 >

  • TEL        : 0288-25-6666
  • チェックイン    :15:00
  • チェックアウト   :12:00
  • 住所        :〒321-1661 栃木県 日光市中宮祠2482番地
  • マリオットカテゴリー:7

リッツカールトン日光のアクセス 駐車場は予約必須!

【電車の場合】
東武日光駅/JR日光駅から湯本温泉行バスで約40分、ザ・リッツ・カールトン日光すぐ

【お車の場合】
日光宇都宮道の清滝I.Cより約18km

車でのアクセスの場合、いろは坂を通る必要がありますので、天候が悪い時は注意したいですね!
また、客室数94室に対し、駐車スペースが25台分しかないため、
車で行かれる予定の方は宿泊の予定が決まったらすぐ予約するのがベストです。(駐車料金:3,000円/日)

リッツカールトン日光 チェックインの様子

ホテルのエントランスはこのようになっています。

リッツカールトン日光 宿泊記

エントランスの脇には鐘があり、出発の際にはスタッフさんが鳴らしてくださいます。

リッツカールトン日光 宿泊記

外観のしゅっとしたイメージとは裏腹に、館内は木のぬくもりを感じることができるおだやかな空間になっていました。

リッツカールトン日光 宿泊記

シャンパンを飲みながらのチェックイン!

最初にスタッフさんに、客室でのチェックインか、バーでシャンパンを飲みながらのチェックインどちらがいいか聞かれ
迷うことなく後者を選択しました。

リッツカールトン日光 宿泊記

主人はまだ運転があるのでノンアルコールのシャンパンをいただきました。
一休などのプランで、ウェルカムシャンパン付きのプランがあるようなのですが、
これは今回いただいたものとまた別なのでしょうか?ポイントでの宿泊でしたのでうれしい誤算でした!

 

リッツカールトン日光の客室について

リッツカールトン日光には以下の客室カテゴリーがあります。

< リッツカールトン日光 客室カテゴリー >

  • リバーサイドガーデンビュー キング/ダブル ←今回予約した客室
  • 男体山ビュー キング/ダブル
  • 中禅寺湖ビュー キング/ダブル
  • 中禅寺湖ビュースイート          ←今回アップグレードされた客室
  • ザ・リッツ・カールトンスイート

 

今回は、一番下のカテゴリから、なんと中禅寺湖ビューのスイートにアップグレードしていただきました!
もうひとつ上のザ・リッツ・カールトンスイートは、ホテルに1室しかない客室料金も次元が違うお部屋なので、
アップグレードするとしても有償でのアップグレードになるようです。
そのため、今回は無償のアップグレードとしては最高峰の客室にアサインいただきました!

 

リッツカールトン日光 宿泊記

国内のリッツカールトンでは、東京、沖縄のスイートに宿泊したことがありますが、個人的には日光のスイートが一番使い勝手がよく好みでした!

客室からは中禅寺湖がすぐ目の前で、ゆったりとした時間が流れていました。

そんなスイートの客室については、以下の記事で詳しく紹介しています。

リッツカールトン日光の館内施設について

レストランについて

朝食の様子

朝食は、レストランまたはルームサービスでいただくことができます。
今回はせっかくのスイートだったのでルームサービスでいただきました。

朝食は和洋選択することができ、1種類ずついただきましたがどちらも最高に美味しく、個人的には、国内で宿泊したマリオット系列のホテルの中で一番好きな朝食でした!

リッツカールトン日光 宿泊記

そんな朝食については以下の記事でレポートしています。

ランチの様子

ランチは、日本料理レストランとレークハウスでいただくことができます。
日本料理レストランを利用しました。

利用したのはそば御膳です。
先付、御膳、デザートの構成になっています。

こちらがメインの御膳です。

リッツカールトン日光 宿泊記

デザートが巨峰を使ったゼリーとパンナコッタ?のようなもので特にお気に入りでした。

リッツカールトン日光 宿泊記

アフタヌーンティーの様子

アフタヌーンティーはロビーラウンジで提供されています。

リッツカールトン日光はアフタヌーンティーも評判が良かったので、こちらもいただきました。
アフタヌーンティーで一番好きなのは横浜のカハラホテルのものだったのですが、
カハラホテルに並ぶくらいお気に入りのアフタヌーンティーになりました!

リッツカールトン日光 宿泊記

アフタヌーンティーは季節ごとに4度利用し、毎回お気に入りなので以下の記事で詳しくレポートしています。

 

ディナーの様子

ディナーも、ランチ同様、日本料理レストランとレークハウスで提供されています。
ディナーはレークハウスを利用しました。

レークハウスは、名の通りホテルの敷地の中でも一番中禅寺湖に近い場所にあります。
他のゲストがいたので店内の写真は撮っていませんが、暖炉があり、落ち着く雰囲気のレストランです。

コースとアラカルトがあるのですが、この時はアラカルトで。
イタリアンレストランなので、メニューは、ブラータやパスタ、ピザ、アクアパッツァなどです。
日光の牧場で育ったお肉やファームでとれた野菜を使っているとのことでした。

こちらはサルシッチャのピザ。

リッツカールトン日光 宿泊記

毎回頼んでしまうミルフィーユです。

リッツカールトン日光 宿泊記

 

ルームサービスについて

人気のリッツカールトン日光ですが、奥日光という土地柄、食事に困る方が多くいらっしゃると思います。
私が宿泊する際には、一食はレストラン、一食はルームサービスかアフタヌーンティーと利用することが多いので、注文できるメニューと実際に注文したメニューをご紹介します。

 

温泉とジムについて

記事の冒頭に記載したとおり、リッツカールトン日光にはリッツカールトンブランド初の温泉があります。
温泉は大浴場で楽しむことができます。

温泉内の写真は撮影できないため、公式サイトの写真をお借りしましたが、硫黄感が強い温泉で、すごくリラックスできます!
大浴場のシャンプーなどももちろんアスプレイなので、少し不思議な感覚でした。

リッツカールトン日光 宿泊記

リッツカールトン日光のエリート特典について

リッツカールトン日光には、マリオットグループに属するホテルのため、客室のアップグレードなど、マリオットエリート会員向けの特典が用意されています。今回はプラチナエリート特典を解説します。

リッツカールトン日光プラチナ特典
客室のアップグレード(空室状況による)
50%のボーナスポイント
ウェルカムギフト1000ポイント
16時までのレイトチェックアウト(空室状況による)
レストラン(レークハウス)の20%割引
朝食の20%割引

リッツカールトンブランドのため、プラチナ以上の会員であっても朝食はつきません。
しかし、ゴールド会員以上であれば20%割引になるため、5,000円ほどでいただくことができます。
朝食はとってもおすすめなのでぜひ召し上がってください!

リッツカールトン日光にお得に泊まるには?

①マリオット公式HPから予約する

マリオットのエリート特典や宿泊実績を付けたい場合、Marriott公式(ベストレート保証)からの予約にのみ適用されます。
朝食付きプランはもちろん、時期によって夕食やスパ付きプランなどお得なプランがでていますので公式サイトからの予約がおすすめです!

②マリオットポイントで宿泊する

マリオット系列のホテルに宿泊すると1米ドルにつき10ポイントのマリオットポイントが付与されます。
貯めたポイントは、還元率1.25%でマイルに交換できる他、マリオット系列のホテルの無料宿泊にも利用できます。

利用ポイントはホテルのカテゴリーによって異なりますが、リッツカールトン日光はカテゴリー7のホテルですので、以下のポイントで宿泊が可能です。

ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン
50,000 60,000

③ 一休で予約する

マリオットにはそこまで泊まらないけど、リッツカールトン日光にお得に泊まりたい!という方は一休.comからの予約がおすすめです!
朝食付きプランやレイトチェックアウト可能なお得なプランの他、ポイント還元率が高く、還元される予定のポイントを予約時に利用して宿泊することが可能です!

皆さんもぜひ素敵なホテルライフをお送りください!

 

 

error: Content is protected !!