セントレジスニューヨーク宿泊記:アスタースイートの客室の様子をレポート!

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

うさ

渡航国は20か国以上、ホテルステイは年間75泊以上の旅好きアラサー主婦です。 現在はシンガポール在住のため、シンガポール生活、周辺国について記事をアップしていきます。

こんにちは!うさです!

こちらの記事では、セントレジスニューヨークのアスタースイートの客室についてレポートしています。

宿泊した客室のカテゴリー

セントレジスニューヨークには、以下の宿泊カテゴリーがあります。
今回は、アンバサダー会員として宿泊し、SNAでグランドデラックスルームにアサインされ、そこからさらにアップグレードでアスタースイートに宿泊しました!

< セントレジスニューヨーク 客室カテゴリー >

カテゴリ
スーペリア
デラックス
グランドデラックス
アスタースイート
デラックススイート
マディソンスイート
セントレジススイート
5番街スイート
グランドスイート
インペリアルスイート
ロイヤルスイート
プレジデンシャルスイート

アスタースイートは54平米の1ベッドルームタイプの客室です。
日本のスイートルームと比べると、やや小さい印象を受けますが、ホテル代が高く、また客室が狭いことで有名なニューヨークの中ではかなりゆったりとした作りの客室です。

ではさっそく、客室の様子を見ていきましょう!

宿泊価格をチェック・宿泊予約はこちらから!
Marriott公式Expedia

セントレジスニューヨーク宿泊記:アスタースイートの様子

今回は12階の客室に宿泊しました。

クラシカルな廊下を抜けて客室に向かいます。

重厚感のある木製の扉を開け、客室へ!

リビングルームの様子

まず、客室に入ると、リビングルームになっています。

入り口手前にはクローゼットが。こちらのクローゼットで、バトラーにお願いするランドリーをやり取りしました。

反対側は1つ目のお手洗いでした。

リビングルームはソファとデスクがあり、ゆっくりできました。

鏡張りなので、より広く感じます。

デスクはシンプルな作りですが、金で縁取られているので、高級感がありました。

また客室はシャンデリアで照らされており、エアコン部分もセントレジスのロゴがあしらわれています!

ミニバーの様子

セントレジスニューヨークには、ミニバーはありません。コンプリメンタリーのコーヒー・紅茶を飲みたい場合はバトラーに、有料のドリンクを飲みたい場合はルームサービスでの用意となります。

バトラーに淹れてもらうとこういった感じで紅茶を持ってきてもらえます。

日本のセントレジスと異なり、本来のバトラーサービスといった感じですが、好きなタイミングですぐにドリンクを飲むことができないのは少し不便な点でした。ですが、やっぱり淹れていただいた紅茶はおいしいので、体験できてよかったです!

ベッドルームの様子

続いて、ベッドルームの様子をご紹介します。
リビングルームは、白とベージュを基調とした明るい客室でしたが、ベッドルームは、バーガンディーがメインで、かなり落ち着いた雰囲気でした。

壁紙も素敵です。

サイドテーブルには、充電できるようにコンセントとUSB給電がついていて、便利でした!

ベッドルームにもクローゼットが。

大理石のバスルーム

最後に、バスルームの様子をご紹介します。

バスルームも、他の2室とはがらりと雰囲気が変わり、大理石調でした。セントレジスなので、もしかしたら本物の大理石かもですね、、

洗面台は2面で使い勝手がすごくよかったです!
見えづらいのですが、鏡の真ん中の部分にテレビがうつるようになっていました、、!

ニューヨークでは珍しいバスタブ付きの客室です!
ドラマ以外で、この、体を洗うブラシを初めてみました。笑

シャワーはこちら。レインシャワーだけではなくて、手持ちのヘッドもあったので日本人にはありがたかったです。

アメニティはおなじみのREMEDEでした!

いかがでしたでしょうか?

セントレジスニューヨークのアスタースイートは、部屋ごとに雰囲気が異なり、ニューヨークでは珍しいバスタブやゆったりとした部屋の作りで、観光の疲れをしっかりとることができる最高の客室でした!

セントレジスニューヨークの朝食、バトラーサービスなど、セントレジスニューヨークについてもっと知りたい方は以下のまとめ記事をご覧ください!