【まとめ】セントレジスニューヨーク宿泊記:スイートからアスターコートでの朝食までレポート!

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

こんにちは!うさ(@usagimile)です!

こちらの記事は、セントレジスニューヨークのまとめ記事です。
スイートの客室や、朝食、ディスティネーションフィーについてなど、セントレジスニューヨークの滞在についてすべてまとめておりますのでぜひご覧ください!

セントレジスニューヨーク宿泊記:基本情報

セントレジスニューヨークは、ニューヨーク5番街に位置する5つ星ホテルです。そして、1904年にジョン・ジェイコブ・アスター氏が創業した歴史あるホテルで、セントレジスブランド始まりの場所でもあります!

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

ニューヨークは縦の通り(○番街)と横の通り(○丁目)で住所がわかるようになっており、セントレジスニューヨークは、5番街と57丁目に位置しています。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

ホテル周辺には、ハリーウィンストンやティファニーといったアメリカを代表する高級ブランドショップがあり、

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

またセントラルパークも歩いてすぐという、ニューヨークを感じることができる立地になっています。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

< セントレジスニューヨーク基本情報 >

  • TEL         : +1 212-753-4500
  • チェックイン    :16:00
  • チェックアウト   :12:00
  • 住所        :Two E 55th St, New York, NY 10022 アメリカ合衆国

空港からセントレジスニューヨークへのアクセス

地下鉄の場合

所要時間約80分、価格約12ドル

JFK空港からは、エアトレインでJamaica Centerまで行き、そこからMTA(NYの地下鉄)のEトレインに乗り換えます。
セントレジスニューヨークの最寄り駅、51stもEトレインなので乗り換え不要かつ、こちらの駅はバリアフリー仕様のため、スーツケースなどがあっても大丈夫です。(バリアフリー仕様でないと階段のみなのできついと思います。)

駅から、セントレジスニューヨークまでは徒歩10分です。

タクシーの場合

所要時間約30分~60分、価格約70ドル

タクシー、もしくはUBERも利用可能です!
電車よりも圧倒的に体が楽ですが、マンハッタン内は朝と夕方(タイムズスクエア周辺は1日中)渋滞しますので、飛行機の時間によって決めるのが良いと思います。

私は、初日の滞在がタイムズスクエア周辺のホテルで渋滞に巻き込まれそうでしたので、行きは地下鉄、最終日はセントレジスに車の手配を頼んで帰りました!セントレジスの車は乗り心地良かったですが、価格も高いので、次回はタクシーで良いかな、と思いました!

2022年 ニューヨーク旅行記 TheRoom

 

チェックインの様子

こちらがセントレジスニューヨークの入り口です。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

レッドカーペットに重厚な回転扉で、テンションがあがります。ドアマンがいて、近づくとドアを開けてくださいます。

中に入ると、さらに素敵な空間が広がっています!

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

こちらがフロントなのですが、思ったよりコンパクトでした。ですが、人がごった返す、ということはなく、常に落ち着いた雰囲気でした。

チェックイン手続きをして、客室へ。
エレベーターも木造で、セントレジスニューヨークの歴史を感じました。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

エレベーターをおりると、ニューヨークの高級アパートメントのような印象を受けました。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

こちらの扉が客室エリアです。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

客室までの廊下は、エレベーターホールの石造りとは異なって、内装も新しく、とてもきれいでした!

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

気になる客室については、この後ご紹介します!

 

セントレジスニューヨーク宿泊記:客室について

3つの通常タイプの客室、9つのスイートルームがあります。その他、マリオットのサイトには出ていないですが、ディオールなどラグジュアリーブランドとコラボレーションした客室があるとのことです!

< セントレジスニューヨーク 客室カテゴリー >

カテゴリ 広さ(平米)
スーペリア 39
デラックス 41
グランドデラックス 44
アスタースイート 54
デラックススイート 72
マディソンスイート 88
セントレジススイート 95
5番街スイート 99
グランドスイート 126
インペリアルスイート 153
ロイヤルスイート 153
プレジデンシャルスイート 270

今回宿泊したのは、1ベッドルームのスイート、アスタースイートです。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

ニューヨークのホテルは宿泊費が高く、狭いので、このスイートでもリッツカールトン東京のデラックスルームとほぼ同じ広さです。ですが、客室内は無駄がなくしっかりと広さがとられていて、数字よりも広く感じました!

スイートの客室については、以下の記事で詳しくレポートしています。

 

セントレジスニューヨーク宿泊記:朝食について

セントレジスニューヨークでは、1階のレストラン、アスターコートか、ルームサービスで朝食をいただくことができます。

セントレジスニューヨーク朝食:アスターコート

朝食は、ホテル1階のアスターコートで提供しています。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

利用時はお客さんがたくさんいたため、こちらの画像は公式サイトからお借りしました。奥に見えるのが、有名なキングコールバーです。

セントレジスニューヨーク朝食基本情報
営業時間 7:30~11:00
価格 46USD
メニュー内容 アメリカンブレックファスト
・コーヒー、紅茶、ジュース(オレンジ、クランベリー、グレープフルーツ、トマト)から1点
・トースト
・お好みの卵料理
・ベイクドポテト
・スモークベーコン、ターキーベーコン、チキンソーセージから1点

今回は、実際に食べたアメリカンブレックファストの内容をご紹介します。
単品での注文や、その他のセットメニューもご注文可能です。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

アメリカンブレックファストはこちら!

スモークベーコンと目玉焼きを選択しました。ベーコンがとってもカリカリでおいしかったです!

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

ジャムはボンヌママンのものでした。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

アスターコートでの朝食は一度は楽しんでいただきたいですが、これにチップなどもろもろ入れると1人8000円ほどになってしまうので経験として1度で良いかな、というのが正直な感想です。

セントレジスニューヨーク朝食:ルームサービス

今回は2泊しましたので、2日目はルームサービスを利用しました。

チキンサンドイッチ、セントレジスベーグル?、フルーツの盛り合わせ。
セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

想像よりかなりボリュームがあって、ベーグルとサンドイッチどちらかで良かったかなと思いました。

サンドイッチは、チキンだけでなくカリカリベーコンも入っていました。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

半熟の目玉焼きが載ったベーグル。おいしかったですが、食べづらさも満点でしたw

2022年 ニューヨーク旅行記 TheRoom

お部屋だとゆっくりいただくことができてよかったです!

 

セントレジスニューヨーク宿泊記:バトラーサービスについて

セントレジスでは、各客室にバトラーがついてさまざまなお世話をしてくれます。

ドリンクサービス

コーヒー、紅茶も、客室に備え付けはなく、バトラーが淹れてくれます。
ミルクと蜂蜜を入れて飲むのがとても美味しかったです!

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

提供されている紅茶はこちらのブランドのものでした。

ランドリー、靴磨きサービス

ランドリーや靴磨きも、バトラーに依頼して担当部署に持って行ってもらいます。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

ランドリーサービスでは、新品で預けた服にボールペンの汚れがついてかえってくる、というトラブルがあり、その際はバトラーと話しても解決せず、マネージャーに対応してもらいました;;

荷造り・荷ほどきサービス

バトラーにお願いすると、到着・出発の際に荷造りと荷ほどきを手伝ってもらうことができます。

 

セントレジスニューヨーク宿泊記:ディステネーションフィーについて

セントレジスニューヨークでは、1日50USDのディステネーションフィーがかかります。
こちらのディステネーションフィーは以下のクレジットとして利用可能です。

セントレジスニューヨーク ディステネーションフィー

飲食クレジット 50USD(キングコールバーを除く)
ランドリークレジット 50USD
ヘアサロンクレジット 25USD

以前はMOMAのチケットなどももらえたようですが、現在はかなり縮小されています。
こちらのディステネーションフィーは日をまたいでの合算はできず、それぞれの日で利用が必要とのことでした。

ヘアサロンクレジットは利用する機会がなく、飲食クレジットとランドリークレジットを利用しました。

飲食クレジット

ルームサービスでサラダをいただきました。

2022年 ニューヨーク旅行記 TheRoom

ランドリークレジット

ランドリークレジットは、ポロシャツとワンピース1枚ずつで50USDくらいでした。
ですが前述のとおりトラブルがあったので、2日目はインナーだけお願いしました。

 

セントレジスニューヨーク宿泊記:プラチナ特典について

セントレジスニューヨークはマリオットグループのホテルのため、マリオットの上級会員向けの特典があります。

セントレジスニューヨークプラチナ特典
客室のアップグレード(空室状況による)
50%のボーナスポイント
ウェルカムギフト1000ポイント/朝食
16時までのレイトチェックアウト(空室状況による)

プラチナ特典:客室のアップグレード

今回はアンバサダーとして宿泊したのですが、以下のアップグレードがありました。

カテゴリ
スーペリア ←予約した客室
デラックス
グランドデラックス ←SNAを出した客室
アスタースイート ←アップグレードされた客室
デラックススイート
マディソンスイート
セントレジススイート
5番街スイート
グランドスイート
インペリアルスイート
ロイヤルスイート
プレジデンシャルスイート

もともと、セントレジスニューヨークはグランドデラックスの客室までSNAの申請が可能です。
今回は、SNAで事前にグランドデラックスにアップグレードされ、当日アスタースイートにアサインされていました。

最初に予約したスーペリアルームは1,179ドル。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

アスタースイートは2,304ドルで2倍近いので、とてもありがたいアップグレードでした!

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

プラチナ特典:朝食

セントレジスニューヨークでは、プラチナ特典として2名分の朝食を選択可能です。
こちらで選択できる朝食はアメリカンブレックファストになります。

セントレジスニューヨーク 宿泊記 スイート

スタッフによって、アメリカンブレックファストの価格までなら他のものに充当できる、という人と、他の料理を注文すると全額チャージされる、という人がいたので、一応アメリカンブレックファストを注文しました;;

セントレジスニューヨーク宿泊記:まとめ

いかがでしたでしょうか?
セントレジスニューヨークは、100年以上の歴史があるホテルです。
ニューヨーク5番街という便利な土地にありながら、ホテルの中はゆっくりとした時間が流れており、観光やショッピングの合間にちょっとホテルで休憩するなど、すごく便利でした!

ニューヨーク旅行の際には、ぜひ1度は泊まってもらいたいホテルです!

皆さんもぜひ素敵なホテルステイをお送りください!

 

error: Content is protected !!