W大阪宿泊記:マーベラススイートの客室をレポート!

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

こんにちは!うさ(@usagimile)です!
こちらの記事では、W大阪のマーベラススイートの客室についてレポートしています!

W大阪宿泊記:宿泊した客室のカテゴリー

W大阪には以下の客室カテゴリーがあります。
今回は、ポイント宿泊で、SNAを使用し、5段階アップグレードの「マーベラススイート」にアサインいただきました。

< W大阪の客室 >

  • コージーキング/ダブル ←予約した客室
  • ワンダフルキング/ダブル(高層階)
  • スペクタキュラー
  • ファンタスティックスイート
  • マーベラススイート ←アップグレードされた客室
  • WOWスイート
  • ペントハウススイート

 

口コミ・宿泊価格をチェックして宿泊予約

 

マーベラススイートは広さ80平米のスイートルームです。
マーベラススイートより上の客室は、1,2部屋ずつしかありませんので、無料アップグレードとしては最高峰の客室かと思います。

W大阪では、客室のフロアごとに、偶数階が青ネオン、奇数階がピンクのネオンに分けられています。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

今回は、奇数階の客室にアサインいただきました!

W大阪宿泊記:マーベラススイートの様子

では、さっそく客室の様子をレポートしていきます!

リビングルームの様子

客室に入るとリビングルームになっています。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

ソファは、二人で座っても十分すぎる広さです。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

窓際にもハイテーブルがあり、御堂筋側の窓際で景色がよかったです。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

ただハイテーブルなので、ここでPCなどの作業をするのは個人的にはやりづらかったです。

ミニバーエリア

続いて、ミニバーエリアのご紹介です。
ウイスキーやW特製のマリブリキュールが置いてあります。
右手の水はコンプリメンタリーのもので、ボトルタイプでした。

コーヒーはネスプレッソです。
W大阪の特徴として、客室にケトルがありませんのでご注意ください!

写真の通り、ティーポットはあるので、紅茶を飲みたい時はネスプレッソでお湯をためていました。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

ティーバックやネスプレッソのカプセルは引き出しの中にあります。

スプーンの色もWらしくて可愛いですよね。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

引き出しの下は冷蔵庫でした。

有料の飲み物が入っていますが、持ち込んだ水も冷やすスペースがありました。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

クローゼットエリア

リビングから目隠しをされたスペースに、クローゼットエリアがあり、たっぷり洋服をしまえるようになっていました。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

奥には、ブラックでかっこいいバスローブがかけてありました。
こちらはフロント階のショップで購入することができます。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

ベッドルームの様子

続いて、ベッドルームの様子です。
W大阪 宿泊記 マーベラススイート

ベッドルーム側はコーナールームになっていました。
マーベラススイートの中でも客室が3タイプあり、コーナー側がリビングの部屋もあるようです。個人的にはそちらのタイプの部屋の方が過ごしやすいかな、と思いました。

窓際には、くつろげるカウチソファが置かれていました。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

ベッドはキングタイプです。
ベッドサイドが微妙にアシメントリーになっているのが可愛いいです。W大阪 宿泊記 マーベラススイート

テレビは独立タイプで、珍しかったです。W大阪 宿泊記 マーベラススイート

客室からの眺め

周辺に高層ビルがないため、かなり開けた景色でした。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

あべのハルカスまでしっかり見えました!W大阪 宿泊記 マーベラススイート

バスルームの様子

バスルームは、白を基調としていて思っていたよりもシンプルな作りでした。W大阪 宿泊記 マーベラススイート

洗面台も2面あり、かなり使い勝手がよかったです。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

蛇口部分が長く、洗面台周りがびしょ濡れになりこともありませんでした。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

洗面台の上には、固形石鹸、洗顔、ボディークリームが備え付けてありました。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

その他のアメニティは、引き出しの中にあります。
バスソルトと、メイクリムーバーもありました。化粧水などのアメニティは希望すると持ってきていただけます。
W大阪 宿泊記 マーベラススイート

ドライヤーは初めて見たのですがReFaのものでした。
スイート以外の客室だと、サロニアのもののようです。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

バスタブはビューバスになっていて、宙に浮いているようですごく気持ちが良かったです。W大阪 宿泊記 マーベラススイート

シャンプー類はDavinesというブランドのものでした。
イタリア・パルマ生まれのヘアケアブランドだそうです。
Wといえばblissのイメージだったのですが、大阪だけで採用されているのでしょうか?それともブランド全体で変わったのでしょうか?

いずれにせよ、blissは香りは好きでしたが、髪が少しキシキシしてしまった記憶があり、その点Davinesは香りもよく、髪もサラサラになったのでこちらの方が好きでした。
W大阪 宿泊記 マーベラススイート

シャワーブースは独立タイプでした。

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

夜は一気にアダルトな雰囲気に

昼間は、思っていたより爽やかな客室だな、と思っていましたが、夜になると一気にWらしい雰囲気になりました。

客室が、このようにピンクのネオンに照らされます。
もちろん、ネオンを消すこともできます!

W大阪 宿泊記 マーベラススイート

ベッドルームは、鏡がピンクに光っていました。W大阪 宿泊記 マーベラススイート

最初に記載しましたが、フロアによって青とピンクのネオンで分かれているので、偶数階は青く光るようです。

いかがでしたでしょうか?
みなさんも素敵なホテルステイをお送りください!

W大阪についてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

口コミ・宿泊価格をチェックして宿泊予約

 

error: Content is protected !!