ザ・リッツカールトン京都宿泊記:ガーデンテラススイートの客室をレポート!

リッツカールトン京都 ガーデンテラススイート 宿泊記

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

うさ

渡航国は20か国以上、ホテルステイは年間75泊以上の旅好きアラサー主婦です。 現在はシンガポール在住のため、シンガポール生活、周辺国について記事をアップしていきます。

こんにちは!
こちらの記事では、リッツカールトン京都、ガーデンテラススイートの客室についてレポートしています!

リッツカールトン京都:宿泊した客室のカテゴリー

リッツカールトン京都には以下の客室カテゴリーがあります。
今回は、プラチナ会員のポイント宿泊で、6段階アップグレードの「ガーデンテラススイート」にアサインいただきました。

< ザ・リッツ・カールトン京都の客室 >

  • デラックス ←予約した客室
  • デラックス KYOTO
  • デラックスガーデン
  • グランドデラックスカモガワリバービュー
  • ガーデンスイート
  • ガーデンテラススイート /TATAMI ←アップグレード
  • コーナースイート KITA
  • コーナースイート TATAMI
  • コーナースイート MINAMI
  • スイート KAMOGAWA
  • スイートTSUKIMI
  • ザ・リッツ・カールトン スイート

ガーデンテラススイートは、客室に自分専用の日本庭園がある京都を堪能できるすてきなお部屋でした。
では、さっそく客室をレポートしていきます!

口コミ・宿泊価格をチェックして宿泊予約

リッツカールトン京都:ガーデンテラススイートの様子

リッツカールトン京都はなんと8タイプのスイートがありますが、今回宿泊した客室は、客室の中に専用の日本庭園とテラスを有する70平米の客室です。
スイートで70平米だと、やや手狭なのかな?と思っていましたが、実際は日本庭園があるためすごく開放的に感じました。

客室は、以下のような間取りになっています。リビングルーム側に入り口があり、各部屋から日本庭園に出ることができるようになっています。

リビングルームの様子

客室に入ると、このようにすぐリビングルームになっています。
コンパクトですが、デスクとL字ソファがあり、今回3人で宿泊しましたが、窮屈に感じることはありませんでした。

ソファに座りながら、このように庭園を眺めることができます。3人座っても十分な広さでした。

ウェルカムスイーツは季節のフルーツ

テーブルの上には、ウェルカムスイーツとして、さくらんぼとぶどうが置いてありました。
どちらも甘くてとても美味しかったです。

また、抹茶のゴーフルと折り鶴も置いてありました。
土地柄外国人観光客が多いと思いますので、折り鶴はうれしいのかもしれませんね。

日本庭園を眺めながら作業できるデスク

ソファの裏のデスクも、ちょうど座ると目線が日本庭園にいくように作られているのか、このような眺めになります。
デスクでPC作業をして、顔をあげるとこの景色が飛び込んでくるのはすごくよかったです。

ミニバーエリア

ミニバーエリアは、広々していて、壷や京都の伝統工芸を説明した本などの調度品に囲まれていました。

置かれているアメニティ自体は、以前宿泊したグランドデラックスルームと同じだったように感じました。

緑茶のセット

ティーバッグはなく、スペシャルTでほうじ茶、紅茶、ルイボスティーを淹れることができます。

コーヒーはおなじみのネスプレッソです。

食器類も豊富で、一通りそろっていました。

ベッドルームの様子

続いて、ベッドルームです。

ベッドルームはシンプルな作りで、キングベッドと、

クローゼットになっています。
ウォークインではありませんが、スーツケースもしっかり入って十分な広さでした。

ベッドサイドで、細かくライティングが調整できるようになっていました。

スピーカーはTivoli Audioのものでした。リッツカールトン東京もこちらもスピーカーだったと思います。

バスルームの様子

ベッドルームの奥がバスルームです。

テラスに直結のバスルーム

客室は全室日本庭園に出ることができますが、バスルームはこの客室の一番の目玉、テーブルに直結しています!

こちらは、完全にブラインドを落とすこともできますし、写真のようにすだれで日よけでだけも可能です。
すだれなのが京都のホテルらしいですよね!

2面の洗面台で朝の準備も安心

リッツカールトン京都は、デラックスルームでも洗面台は2面なのですが、やはり2面あると準備の時にばたばたしなくてうれしいですよね。

右側の漆の箱には、アメニティが入っています。

桜模様の浴室でリラックス

浴室は、独立タイプでしっかりバスタブも深く、しっかりお湯を張って肩までつかることができました。
壁面が桜模様なのも、京都らしいデザインです。

客室の目玉!日本庭園とテラス

最後に、この客室の目玉である日本庭園とテラスをご紹介します。

庭園はかなりの広さがあり、松や紅葉が植えられていました。先にはこちらの紅葉の紅葉も楽しめるのでしょうか?

客室自体は、鴨川に面しているようで、背伸びすると鴨川も見ることができました。

テラスでくつろぐ最高のホテルステイ

宿泊した日が、ちょうどお天気に恵まれましたので、滞在中はほとんどこちらのテーブルでくつろいでいました。

お昼からビールを飲んだり、、

ウェルカムスイーツと、出町ふたばの大福をいただいたり。。

すごく良かったです。
ビールは、ミニバーのビールをいただいたのですが、冷蔵庫の作りのせいなのか、あまり冷えていなかったので、ルームサービスで頼んだ方が良いかもしれません。

いかがでしたでしょうか?
みなさんも素敵なホテルステイをお送りください!

リッツカールトン京都についてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

口コミ・宿泊価格をチェックして宿泊予約