【2023年1月】マレーシア・プトラジャヤ旅行記

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは!うさです。

2023年1月、マレーシアはプトラジャヤの旅行記です。
シンガポールに引っ越して1か月弱だったこの時、スクートのHPを見ていたら朝発夜着の往復で1万円ちょっとでとれる飛行機があり、1週間前に急遽マレーシアに行くことにしました!

日本に住んでいた時も、マレーシアには行ったことがなかったので、世界一安いリッツカールトンがあるといわれているクアラルンプールを目的地にしようかな、と思っていたのですが、調べていくうちに空港とクアラルンプールの間に位置する街「プトラジャヤ」にピンクのモスク「プトラモスク」があることがわかり、今後もクアラルンプールには行く機会があると思ったので、今回はプトラジャヤに滞在することにしました。

朝9:10のフライトだったので、チャンギ空港には7時ごろ到着。眠すぎて、写真がぜんぜんありません、、
クアラルンプール空港までのフライト時間は約1時間でしたが、飛行機に乗った瞬間に爆睡していたようで起きたらクアラルンプールについていました。到着が10分ほど遅延。降機からイミグレまでもけっこう歩きました。

そして、この日は平日だったのですが年始だからか、普段からこうなのか、イミグレが混雑していて、30分くらいかかりました。

その後両替をして、Grabを呼んでホテルまで向かいます。
日本からシンガポールに持ってきて余っていた日本円で換金したのですが、多分レートが悪いところで交換した?のか、1リンギ34円でした;;
Grabは日本のクレカで決済していたのですが、滞在中のレートは1リンギ31円でした。

この時、すでに11:40になっていて、到着から、空港脱出まで1時間30分近くかかりました。かなり疲れた、、
Grabに乗るのにも一苦労で、Grabの乗車場所が1か所にかなく、しかも車が1列でしか走れないので、他の人が乗車する際に他の車は全部止まらなければならず、乗車までにかなり待ちました。

空港からプトラジャヤまでは行きも帰りも65リンギ(約1950円)でした。

本当は、空港→モスク→ホテル→お昼にしようと思っていたのですが、おそらくモスクの一般観覧時間に間に合わないのと、お腹がぺこぺこなのでホテルに向かってから、お昼にして、モスクのことはご飯を食べながら考えることにしました。

モスクは、いつ行っても見ることができるわけではなく、一般観覧の時間が決められているので、注意が必要です。
参考までに2023年1月時点での観覧時間はこちらでした。

金曜日以外 9:00-12:30
14:00-16:00
17:30-18:00
金曜日 15:00-16:00
17:30-18:00

空港から30分ほどで、今回の目的地プトラジャヤに到着です。宿泊したのはプトラジャヤマリオットです。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

マリオットがあるこの一帯が「IOIリゾート」として開発されているようで、近隣には大きなショッピングモールと、ショッピングモールに隣接してメリディアンもあります。また、現在モクシーも建設中のようでした。

チェックインの際に、マリオットの会員ステータスが反映されていないトラブルがありましたが、今回はアップグレードなど期待してなかったので問題なし。会員番号を確認してもらい、朝食とラウンジアクセスをつけてもらいました。

また、レイトチェックアウトが16時までお願いできたのですが、帰りのフライトが19:50だったので17時ごろまで部屋を使わせてほしいと伝えたら快くOKをもらいました、ただし、渋滞を考えて16:30には出た方が良いとのことでした!
バンコクと違って、クアラルンプールで渋滞のイメージがなかったのですが、どうやら帰国日の金曜日は、ムスリムにとって重要なお祈りの日で、道なども混雑することがあるとのことです。

お昼ご飯は、IOIモールの中にあるラーメン屋さんにしようと思っていたのですが、ホテルからIOIまでシャトルバスがあり、20分後に出発でしたのでシャトルを待つことに。

シャトルは1時間に1本です。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

マリオットからIOIモールまでは徒歩でも一応10分ほどですが、ちょっと歩くのには適さなそうな道だったので、シャトルを利用するか、Grabが良いと思います。

IOIモールは、想像の3倍くらい広くて、期待していたよりも楽しくことができました。

ちょうどCNY前だったので、デコレーションも気合が入っています。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

広すぎて、お目当てのラーメン屋さんがなかなか見つからず、、15分くらい彷徨ってみつけました!

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

時間は13時を過ぎていたのですが、けっこう混雑していました。
このラーメン、鶏白湯でかつハラルなんです。なのでムスリムのお客さんがけっこういました。

つけ麺とかいろいろあって迷ったのですが、やっぱり鶏白湯を。大盛りにしたらかなり苦しかったですが、やばい、、美味しい、、
マレーシアでこんな美味しいラーメンが食べられると思わなかったので、少し感動しました。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

シンガポールに住んでいると、日本食には困らなくて、スシローもサイゼもすき家もさぼてんも、外食チェーンは日本よりは高いものの、かなりシンガポールに出店しています。

例えば、とんかつ定食や牛タン定食も3,000円ちょっとで美味しいものが食べられるので、日本よりちょっと高いけどまあ適正だな、という感覚なのですが、それと比べるとシンガポールで食べるラーメン「2,000円」はかなり高く感じて、かつ、それで美味しかったら良いのですが、こんなもんかな、と思ってしまうことも多いです。好きな食べ物がラーメンなので、懲りずにシンガポールのお気に入りラーメン屋探しはしていきますが、かなり好きな味のラーメンをプトラジャヤで食べることができたのがうれしかったです!

そしてお値段も900円ほどでした!安い、、

お腹がいっぱいになったところで、14時からのプトラモスクの観覧に行くことにしたので、Grabで行くことに。
ここでも、IOIモールが広いので、ピックアップポイントがいくつかあるのですが、ピックアップポイントが全くわからなくて、それらしき場所に行っても外に出ることが出来なかったり、お店の人に聞いても知らないと言われたりしたので、結局10分くらい歩いて最初の入り口に戻ってきました。

IOIからピンクモスクまでは、10分ほど、11リンギでした。

お天気があまり良くないのですが、こんなモニュメントまでありました。一応ここが「プトラスクエア」という観光名所の広場で、奥に見えるのが役所?政府機関?になっています。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

こちらがプトラモスク。ピンクモスクと呼ばれているだけあって、本当にピンクでかわいいです。
入り口のところで髪を隠すためにガウンを借りて入ります。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

モスクの中も圧巻です。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

あまりにも綺麗だったので、見入っていたら、ボランティアのムスリムの女性が話しかけてくれて、いろいろと解説をしてくださいました。
英語だったので、ヒアリングミスがあるかもですが、少しかいつまんで記載していきます。

もともとプトラジャヤ自体が、クアラルンプールが混雑してしまい行政機能に支障をきたしていたため、行政の街としてつくられた場所。
そこでプトラモスクが作られた。近くに政府機関があるので、首相もすぐにお参りに来れる。首相官邸は、プトラモスクと川を挟んで反対側にあり、首相官邸からもプトラモスクが見える。今はプトラジャヤの人口が増えて、ピンクモスクでは足りないので、向こうにもモスクがあり(鉄のモスクのこと)、それで人口分の礼拝所をまかなっている。

また、プトラジャヤの人口のほとんどが行政で働いているとのことです。たしかに、IOIモールは大きさの割に空いているな、、と思ったのですが、休日は大混雑だとのこと。

ピンクモスクは2階建てだけれど、1階は男性、2階(とついたてで隠されている1階のスペース)は女性がお祈りする場所になっている。

 

壁に描かれているのは、イランイランの花。この黄色い花がイランイランだそう。香水の香りで良く聞くけれど、花自体は初めて見ました。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

外の彫刻はオクラがモチーフになってるんだそう。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

他にも、壁画にアラビア語で書いてあるメッセージだったり、イスラム教の教えを教えてもらいました。
イスラム教って、排他的なイメージを勝手にもっていたのですが、異教徒のあなたが今日ここに来たのは、イスラムの教えとしても歓迎すべきこと、というようなことをおっしゃっていて、実際に話したり、聞いたりするのではだいぶイメージが変わるなと思いました。

たぶん30分以上話していたのですが、後半は集中力が切れてぜんぜんヒアリングできず、、

世界地図があり、どこから来たのかピン止めするらしいのですが、日本は世界地図だと小さいから、ということで日本地図がおいてありましたw

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

プトラモスクの外の撮影スポットから撮りました。写真で見るより何倍も綺麗なので、興味がわいた方はぜひ行ってほしいです。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

鉄のモスクにも行きたかったのですが、ピンクモスクでけっこう時間を使ったのと、早朝からの移動で疲れていたのでホテルに戻ることに。
ホテルの客室からは、お昼を食べたIOIモールが見えました。

シャワーを浴びて仮眠、、と思ったのですが浴びる体力もなくベッドに寝るのは気が引けたので、ソファで1時間ほど休みました。

昼間の大盛りラーメンがまでお腹に残っている感じがしたので、ラウンジでビールを飲んで、お風呂に入ってこの日は爆睡しました。

翌朝、この日は良く晴れていて、遠くまで見通せました。高層ビルが建っているあたりがクアラルンプールでしょうか?

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

朝食の後、ホテル内の敷地を散策しました。こんな池?があったり、大きなプールがあったり。かなりの大型ホテルです。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

IOIモール内でマッサージを予約していたので、今日もIOIモールに向かいます。
予約は12時からでしたが、IOIモールの中で迷子になりそうだったので、早めに場所を確認したくて、11時のシャトルに乗って、場所確認をし、予約までモールを見て時間を潰すことにしました。

スパの場所はわりとすぐわかったので、モール内のスーパーへ。
シンガポールだと220円くらいのパンがこちらだと90円でしたw

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

その後、家具屋さんなどを見ているとあっという間に12時になり、マッサージへ。

セブンイレブンが目印で、駐車場の方にありました。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

平日のお昼はハッピーアワーとのことで、90分3,000円でした。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

東南アジアのスパって、寒いので、アロマはあんまりやりたくない、、と言ったらアロマと同じ値段で、マッサージクリームをつけるタイ古式マッサージができる!すごく良いクリームで効くよ!とのことだったのでそれをお願いしました。

てっきり、アロマオイルみたいな良い匂いのするクリームだと思ったのですが、タイガーバーム的は強烈な匂いがするクリームでしたw
マッサージ自体は、気持ちよかったです!

マッサージが終わると、モール内が大混雑していました!しかも女性だらけ。なんでだろう、と思っていたのですが、後で空港に向かう途中にGrabの運転手に聞いたところ、礼拝の日は男性がお祈りをしていて、その間女性はショッピングモールで時間をつぶすんだそうですw

あまりにも気に入ったので、懲りずに同じラーメン屋さんに来ました。今日はトッピングを鶏団子にしてみました!
今日も大盛り。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

美味しかったです!銀座や六本木などにある「篝」もトッピングでフライドオニオンがありますが、鶏白湯とフライドオニオンってめちゃくちゃ合いますよね。

ホテルに戻って、冷たい飲み物が飲みたくてラウンジでアイスティーをいただきました。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

テラスは風が通って気持ちよかったです。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

その後お部屋に戻ってすこしゆっくりして、あっという間にチェックアウトです。

渋滞にも巻き込まれず、2時間30分前に空港に到着。帰りの運転手さんがおしゃべり好きな人で、次マレーシアに来たら、ホテルのじゃなくてローカルのナシレマを食べて!とか、NARUTOが大好きで日本に行ってみたい、とかいろいろお話してくれました。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

けっこうチェックインカウンターが並んでいたので、チェックインして出国手続きを。

失敗した、と思ったのが、出国→荷物検査をした後に免税店などがあり、ここでそんなにお腹は空いてないけど家に着くのがかなり遅くなるからなにかお腹に入れようかな、と迷って結局やめたんです。
クアラルンプールの空港が、そこからさらに荷物検査がありました。ここで荷物検査があると思わなかったのか、けっこうな人数が並んでいたのに、ファイナルコールだから!といって何人かに抜かされていきました;;
ゲートを超えたらお水を買おうと思っていたら、ゲートの先では一切ペットボトルの飲み物は売っておらず、テイクアウト容器の飲み物のみでした。みなさん空のボトルを持参して、給水器でお水を汲んでいました。

食事も、一応お店はあるものの、椅子が数席しかなくて食べられる感じではなく、結局なにもたべずに機内へ。
腹ごしらえは、免税店のエリアでしておき、余裕をもって最後の荷物検査に臨むのがよさそうです。

帰りの機内でも爆睡し、起きたらシンガポールの街が見えていました。ブレブレですが、一応MBSとシンガポールフライヤーが見えています。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

チャンギでは、DP保持者は優先レーンが使えるので、一瞬で外に出られました。

主人に連絡したら、ちょうど飲み会が終わるところだというので、ミレニアウォークで待ち合わせすることに。

マレーシア プトラジャヤ 旅行記

ビールを飲んで生き返りました!

 

error: Content is protected !!