ザ・リッツ・カールトン東京宿泊記:ラグジュアリースイートについてレポート!

ザ・リッツ・カールトン東京 タワースイートの客室の写真

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは!うさです!

こちらの記事では、「ザ・リッツ・カールトン東京」のラグジュアリースイートの様子をレポートしています。

リッツカールトン東京宿泊記:基本情報

リッツカールトンはマリオットグループの中で、最高ランクのカテゴリー8に属す、言わずと知れた最高峰のホテルです。
また、フォーブス・トラベルガイドの2021年の格付けでも最高ランクの5つ星を獲得しています。他にも、マンダリン オリエンタル 東京やシャングリ・ラ ホテル 東京といった、誰もが一度は聞いたことのあるラグジュアリーホテルが5つ星に属しています。

< リッツカールトン東京基本情報 >

  • TEL        : 03-3423-8000
  • チェックイン    :15:00
  • チェックアウト   :12:00
  • 住所        :東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン内
  • マリオットカテゴリー:8

 

こちらの記事では、ラグジュアリースイートの様子をご紹介します。
その他の客室や、レストラン、クラブラウンジについて知りたい方は以下のまとめ記事をご覧ください。

リッツカールトン東京宿泊記:客室のカテゴリー

今回宿泊したのは、「ザ・リッツ・カールトン東京」のスイート「ラグジュアリースイート」です。
このラグジュアリースイートは、以前は全室東京タワーを見ることができるタワースイートという客室名称でしたが、東京タワー周辺の開発に伴い、現在は客室からは東京タワーを見ることができず、名前もラグジュアリースイートに変わりました。

宿泊した際は、タワースイートだったため、記事の一部にタワースイート当時の記載がありますのでご了承ください。

東京タワーが見えなくなってしまったのは残念ですが、大きなウォークインクローゼットがあり客室のつくりは私が一番のお気に入りです!

広さは100平米でベッドルーム、リビングルーム、バスルーム、ウォークインクローゼットがあります。
デラックスルームの約2倍以上の広さのお部屋になっています。

<「ザ・リッツ・カールトン東京」の客室のグレード>

ラグジュアリースイートの価格

タワースイートの価格です

宿泊日のタワースイートスイートの価格は、なんと16万円!
今回は、デラックスルームを予約し、マリオットプラチナ特典でアップグレードしてもらい宿泊しました。

※客室の表示は、宿泊日時点(旧タワースイートのものです)

お部屋からの眺望

「タワースイート」の名前の通り、東京タワーと、お台場のベイエリアまで一望できます。

お部屋からの眺め
リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

リビングルーム

お部屋に入ると、リビングルームまでの廊下があり、廊下にはミニバーがあります。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート廊下を抜けると、広々としたリビングルームが目に飛び込んできます!
大きなソファがあるので、ゆっくりくつろげますね!
TVは大画面の60インチの液晶テレビです。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

上の写真の右手には、デスクエリアがあります。
こちらには、アルコールとマスク、電話、メモ、ルームサービスメニューが置いています。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

ミニバーエリア

続いて、入り口にあったミニバーをレポートします。
こちらは、カールトンスイートと同じ作りでしたので、写真を流用しています。
ケトルのブランドはデロンギで、お茶菓子でヨックモックのシガールが置いてありました。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

ティーバックはルピシアで、カモミールティー、緑茶、ダージリンが用意されています。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

高級ホテルには必ずあるネスプレッソもたっぷり用意されています。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

冷蔵庫の中には、有料のアルコール、ソフトドリンクが入っていました。
リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

ボトルのワインや、プリングルスなどのスナックもあります。
リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

ベッドルーム

リビングルームの奥は、ベッドルームにつながっています。
ベッドは大きなキングサイズのベッドでした。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

ベッドサイドには、ランプとBlueToothのスピーカーがあります。
ターンダウン時はベッドサイドにお水とチョコレートをセットしてくださいます。
リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

このスピーカー、とても音質が良くて使いやすかったので、帰宅後調べてみました。
おそらくこちらのモデルなのですが、さすがリッツ、スピーカーまで上質なものを揃えていますね。

ベッドルームにも60型のテレビ、ソファがあります。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

ベッドルームからの眺めもとても良いです。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

ベッドルームの奥に進むと、左手にウォークインクローゼット、右手がバスルームになっています。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは衣類をかけられるスペースが4面あり、広々とした作りでした。
訳あってタクシー1台分の荷物を持っていたのですが、全てしまっても余裕の広さでした。
クローゼットには、スリッパ、バスローブ、セーフティボックスなどがあります。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート
リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

バスルーム

最後はバスルームの紹介です!

バスルームは他のお部屋と同じ作りで、広々とした2面の洗面台、バスタブ、シャワー、お手洗いになっています。
リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

洗面台の上は「ザ・リッツ・カールトン」のアメニティで使用されているおなじみのAspreyのボディーローションと石鹸です。こちらは2台とも同様のセッティングになっていました。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

バスタブは足を伸ばしても十分な余裕がある広さです。
こちらにもAspeyの石鹸とリッツが独自で輸入しているバスソルトが置いてあります。
このバスソルト、本当にいい香りで体があったまるので、宿泊した際はぜひお湯をためてバスソルトを入れて入ってみてください!

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

バスタブの横はお手洗いです。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

シャワールームも、他のお部屋同様、手持ちタイプとヘッドシャワー2種類使えるようになっていました。

リッツカールトン東京 宿泊記 タワースイート ラグジュアリースイート

ザ・リッツ・カールトン東京にお得に泊まるには?

ザ・リッツ・カールトン東京は、大変ラグジュアリーなホテルでありながら、マリオットグループのホテルのため、ポイントによる無料宿泊が可能です。

マリオットのカテゴリーは8なので、ポイントによる無料宿泊の場合には以下のポイントが必要になります。

オフピーク スタンダード ピーク
70,000 85,000 100,000

宿泊料金は高額ですが、ポイントをうまく活用することで、無料で宿泊することができます。

 

タワースイートの様子は、いかがでしたでしょうか?
皆さんもぜひ素敵なホテルライフを送ってください!

同じく「ザ・リッツ・カールトン東京」のスイート、120平米のカールトンスイートの様子は以下の記事でレポートしています!

ホテルステイ好き20代OLが選ぶ都内のラグジュアリーホテル記事

error: Content is protected !!