ザ・リッツ・カールトン東京:タワーズのウィークデーランチをレポート!

リッツカールトン東京 タワーズ ランチ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

うさ

渡航国は20か国以上、ホテルステイは年間75泊以上の旅好きアラサー主婦です。 現在はシンガポール在住のため、シンガポール生活、周辺国について記事をアップしていきます。

    こんにちは!うさです!

    こちらの記事では、ザ・リッツ・カールトン東京、45階にある「タワーズ」でのウィークデーブランチをレポートしています!

    リッツカールトン東京 タワーズ ランチ

    おそらく半年ぶりくらいのリッツカールトン東京でしたが、平日ということもありロビーは空いていました。

    リッツカールトン東京:タワーズのランチコース

    タワーズでは現在、2つのコースを提供しています。コースと価格は以下になります。

    コース価格(税・サ込)
    3品コース(アペタイザー、メイン、デザートトロリー)6,500円
    4品コース(アペタイザー、セカンド、メイン、デザートトロリー)8,500円

    今回は、4品コースをいただきました!
    公式サイトから予約してしまったのですが、一休からの予約であれば4品コースにスパークリングワインがついて9,000円という、14%オフのプランがありました!ソフトドリンクも1,500円くらいしたので、とってもお得なプランです。次回は一休で予約しようと思います;;

    4品コースは、それぞれのカテゴリの中で好きなものを選ぶプリフィクススタイルでした!今回のメニューはこちらでした。
    アペタイザー・パテ アン クルート
    ・ヒラマサのタルタル
    ・人参とムール貝のヴルーテ
    ・Nakano’s サラダ
    セカンド・ポロ葱のヴィネグレット (+1,200円)
    ・スープ ド ポワソン
    ・ホタテ貝のポワレ ブラックオリーブ 根セロリ
    メイン・メバルのソテー白ワインソース 菜の花 山葵
    ・牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
    ・子羊のソーセージ
    ・和牛サーロインのグリル 100g(+2,900円)
    ・黒毛和牛テンダーロインのロースト 100g (+4,500円)
    デザート・デザートトロリーより1品選択、コーヒーまたは紅茶

    タワーズで実際に注文したお料理

    今回注文したお料理をご紹介します。

    アペタイザー

    私はヒラマサのタルタル。右側の白いムースは蕪のムースでした。柚子がアクセントになっていて美味。

    アペタイザー

    友人は人参とムール貝のヴルーテ。恥ずかしながら、ヴルーテって初めて聞いたのですが、ポタージュみたいなもののようです。右側に添えてあるのは、ムール貝のリエットとのこと。

    アペタイザー スープ

    セカンド

    根セロリのソースと聞いたので、私はホタテ貝のポワレを選択!
    セロリはあんまり好きではないのですが、根セロリはなぜかとっても好きです。。

    セカンド ホタテ貝のポワレ

    友人の選んだポロ葱のヴィネグレット。上に乗っているのは和牛の生ハムとトリュフですって

    セカンド 葱のヴィネグレット

    メイン

    メインは二人とも同じでメバルのソテー白ワインソース。かりかりのパン粉がアクセントになって美味しかったです。

    メイン メバルのソテー

    デザート

    デザートは抹茶のミルフィーユにしました!上のクリームとゼリーがピンクで、桜をモチーフにしているみたい。

    デザート ミルフィーユ

    いかがでしたでしょうか?
    久しぶりのタワーズは、コスパも良く美味しかったです!食材に菜の花、蕪、山葵、菜の花と、日本の食材を使っているのが印象的でした!料理ととてもマッチしていて美味しかったです。

    リッツカールトン東京は今や宿泊費が1泊20万の日もあったり、足が遠のいていたけれどまた泊まりに行きたいな、と思いました。

    スパークリングワイン付きのプランは以下から予約できます。