シャングリ・ラホテル東京宿泊記:客室の様子は?朝食・アフターヌーンティーは?徹底レポート!

こんにちは!うさ(@usagimile)です!
こちらの記事では、シャングリ・ラ ホテル 東京についてレポートしています。
「デラックスインペリアルガーデンビュー」のお部屋について、ザ・ロビーラウンジでの朝食、アフターヌーンティーの様子など、シャングリ・ラホテル東京での滞在について記載していますので、ぜひご覧ください!

「シャングリ・ラホテル東京」基本情報

「シャングリ・ラホテル」は、香港に本拠地を置いているグループが運営しています。
「シャングリ・ラホテル東京」は日本で唯一のこのグループのホテルで、フォーブストラベルガイドで5つ星もとっているラグジュアリーホテルです。
東京駅すぐの立地ですので、新幹線や空港からもアクセスが良いホテルです。
丸の内トラストタワーの28階がロビー、31階から37階までが客室になっています。

シャングリ・ラホテル東京の基本情報

  • TEL:03-6739-7888
  • チェックイン:15:00
  • チェックアウト:12:00
  • アクセス
    【JR】  :「東京駅」日本橋口より 徒歩 1分
    【地下鉄】:「大手町駅」B10出口より 徒歩 2分
    (東京メトロ 東西線・丸ノ内線・半蔵門線・千代田線 / 都営三田線)
  • 住所:〒100-8283 東京都 千代田区 丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館

シャングリ・ラホテル東京の滞在について

シャングリ・ラホテル東京では、スタンダードルームのお部屋が3タイプ、スイートのお部屋が4タイプあります。
また、スタンダードルームのお部屋は、クラブラウンジ「ホライゾンクラブ」のアクセス権付きのお部屋もあります。
お部屋からの眺望は、八重洲側の東京都心の景色が見えるお部屋か、丸の内側の東京駅の駅舎や皇居が見えるお部屋の2パターンになっています。

シャングリ・ラホテル東京のお部屋ランク

  • デラックスルーム
  • デラックスインペリアルガーデンビュー ←今回宿泊したお部屋
  • プレミアルーム
  • エグゼクティブスイート
  • プレミアスイート
  • シャングリ・ラスイート
  • プレジデンシャルスイート

「デラックスインペリアルガーデンビュー」のお部屋をレポート!

今回宿泊したお部屋は、「デラックスインペリアルガーデンビュー」です。
広さはデラックスルームと同じ50平米ですが、デラックスルームが八重洲側の東京都心の景色が見えるお部屋なのに対して、こちらのお部屋は丸の内側の東京駅の駅舎や皇居が見えるお部屋になっています。

お部屋からの眺めはこちらです。

お部屋は、コンパクトながら、ダブルベッド、デスク、ソファがバランス良く配置されていました。
また、高級ホテルの例に漏れず、40インチの液晶テレビ、ネスプレッソの用意がありました。

お部屋の様子

バスルームは、洗面台は一面ですが、しっかりスペースがあります。
今回女性ふたりでの宿泊でしたが、コスメやスキンケア用品を置いても、十分なスペースでした!
また、お風呂は、バスタブとシャワーが独立した一部屋になっています。特に外資系のホテルだと、分かれていたり、洗面所を完全に独立はしていなかったりが多いので、ここは日本人としては嬉しいポイントでした!

バスルーム

アメニティはロクシタンです。
Jasmin & Bergamoteの香りで、とてもリラックスできました。

シャングリラホテルのアメニティ

写真はないのですが、ドライヤーはヘアビューロンで、髪がとてもサラサラになりました!

シャングリ・ラホテル東京のアフタヌーンティーを実食レポート!

続いて、アフタヌーンティーのレポートです!
アフタヌーンティーは、通常、28階のザ・ロビーラウンジで提供されています。
今回は、リクエストして、お部屋でアフタヌーンティーをいただきました。
10月の宿泊でしたので、ハロウィーン仕様のオータムアフタヌーンティーです。

アフタヌーンティー

一段目のスイーツです。おばけやコウモリの装飾がかわいいですね!
このおばけ、なんと洋梨のマカロンでした!
マカロンも大好きなのですが、洋梨を使ったものは初めてで、とても新鮮でおいしかったです。
その他、モンブランやぶどうのタルトといった秋らしい食材を使ったスイーツでした。

一段目

二段目のセイボリーです。
すごく手が込んでいて、クロワッサンには秋鮭が、サンドイッチには鯖の竜田揚げが使われていました。
寿司ロールもあり、とても美味しかったです。

セイボリーの写真

三段目はおなじみのスコーンです。
プレーンの他に、アップルシナモン・人参クミンという計3種類のめずらしいお味のスコーンを楽しみました。

スコーン

ドリンクはこのようにティーバックで複数用意があり、好きなものを好きなだけいただけるようになっていました。

ティーバック

アフタヌーンティーは、税込 6,958円でした。

シャングリ・ラホテル東京の朝食について

こちらのホテルでは、アフタヌーンティーとおなじ、28階にある「ザ・ロビーラウンジ」で朝食を提供しています。

朝食のメニューと価格

今回は、シャングリ・ラ ホテル 東京 ブレックファストをいただきました。
こちらをオーダーする場合、税・サービス料込みで5,566円になっています。

< 朝食メニュー >

【ブレックファストスタンド】
・ペストリー
・コールドアイテム
・ホットアイテム■下記よりお好きなお料理を1品
【お好みの卵料理】
オムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼き、ゆで卵、ポーチドエッグ【ヘルシー セレクション】
・アサイボウル ギリシャヨーグルト 自家製グラノーラ ゴジベリーとマンゴー
・アボカドトースト ポーチドエッグ【エッグベネディクト セレクション】
・シグネチャーエッグベネディクト グリルバゲット サーモン ほうれん草
・1894年オリジナルレシピのエッグベネディクト イングリッシュマフィン スモークベーコン
・エッグロイヤル オマール海老のメダイヨン仕立て キャビア (追加料金+800円)【パンケーキ セレクション】
・メープルシロップパンケーキ バナナのキャラメリゼ バーボン香るレーズン
・フレンチトースト チョコレート ラズベリーとトンカ豆のホイップクリーム【アジアン セレクション】
・和朝食
煮物、焼き魚、味噌汁、漬物、海苔、納豆、ご飯
・自家製ワンタンヌードルスープ (鶏肉、青梗菜、ほうれん草)■ドリンク
【フレッシュジュース】
メロンジュース、オレンジジュース、グレープフルーツジュース【ティーセレクション】
コーヒー または 紅茶

ワンタンヌードルといった、中華があるのがシャングリ・ラらしいですよね!

実際に食べたメニューをレポート!

では、実際のお写真と共にレポートしていきます!
窓際のお席に案内いただき、この日は天気が良かったので、とても気持ちの良い朝食でした。

最初に、ブレックファストスタンドが運ばれてきます。
ジュースはグレープフルーツジュースをいただきました。
また、この日のホットミールは飲茶でした。これもシャングリ・ラらしいですね。

朝食

1段目のプレートです。
この日のペストリーは、クロワッサン、マロンデニッシュでした。どちらもさくさくでとても美味しかったです。
ミニマドレーヌもついていました。

デニッシュとペストリー

2段目は、フレッシュサラダとスモークサーモンです。
小さいポーションながら丁寧に盛られており、お味もとても美味しかったです。

2段目

3段目は、ヨーグルトとフルーツの盛り合わせでした。

選べる一品は、エッグベネディクトを選択したのですが、おしゃべりに夢中で写真を撮り忘れるという失態をおかしてしまいました、、そのため、一休からお写真をお借りしました。
ホテルでの朝食はいつもエッグベネディクトをオーダーするくらい大好きなのですが、シャングリ・ラのエッグベネディクトは濃厚でとても美味しかったです。

宿泊にかかったコスト

今回は、一休限定で出ていた、「10,000円のホテルクレジット付きプラン」を予約しました。

< 宿泊にかかったコスト >

  • 宿泊費:51,865円
  • 朝食 :11,132円
  • ホテルクレジット:-10,000円
  • gotoトラベル割引:-18,152円
  • 一休ポイント割引:-2,593円
  • 合計:32,252円
  • 地域共通クーポン:8,000円

ホテルクレジット付きのプランでしたので、朝食付きで3万円強で宿泊できました!
また、一休からの予約だと、gotoトラベルの35%割引に加え、独自のポイント付与があります。
付与されるポイントは、即時利用できるので、実質5%オフで予約することができます。

アフタヌーンティーは地域共通クーポン使っていただきました。

一休のお得なプランは、以下からご確認いただけます!

シャングリ・ラ ホテル 東京の予約はこちらから!

ホテルステイ好き20代OLが選ぶ都内のラグジュアリーホテル記事

error: Content is protected !!