W台北宿泊記:台北101が見えるファンタスティックスイートでの滞在をレポート!

W台北 ファンタスティックスイート 台北101

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

うさ

渡航国は20か国以上、ホテルステイは年間75泊以上の旅好きアラサー主婦です。 現在はシンガポール在住のため、シンガポール生活、周辺国について記事をアップしていきます。

    こんにちは!うさです!
    こちらの記事では、W台北「ファンタスティックスイート」での滞在をレポートしています。

    その他の客室やホテルの朝食、プラチナ特典については以下のまとめ記事をご覧ください!

    W台北ファンタスティックスイートについて

    ファンタスティックスイートがあるのは、特別感のあるこちらの奥まったエリアになります。

    リビングルームの様子

    ファンタスティックスイートの客室に入ると、まずリビングルームになります。他の客室と同様、グリーンがアクセントカラーになっています。

    大きなL字型のソファ。二人の宿泊にはとても広いので、ローカルの富裕層がパーティーなどに使ったりするのでしょうか。

    窓も大きく、開放的があるのでとなりのオフィスビルから見えていないかやや不安になりますw

    テレビの前には、ワークデスクが置かれています。せっかくなのでW台北を見ながら仕事をしたいですが、デフォルトの状態では背を向ける配置になっていました。

    通常タイプの客室はコーヒーマシンはなくドリップタイプですが、スイートにはネスプレッソのマシンがあります。

    この短い廊下を抜けると、ベッドルームになります。

    ベッドルームの様子

    スイートは全室広いキングベッドです。こちらもラグはグリーンで統一されています。

    この客室の一番の特徴は、バスルームとベッドルームがひとつづきになっている点です。

    ベッドに寝転ぶとバスタブと台北101が目に飛び込んでくるという不思議なビューになります。

    ベッドの横にはクローゼットとお手洗いがありました。

    建物の構造上、客室内に柱があるのですが、そのデッドスペースはアートランプで装飾されていました。このスペースはフローリングになっているので、夜ここに座って台北101を見ながらお酒を飲みました。リビングの大きいソファで飲んでも良かったのですが、この狭いスペースが秘密基地みたいで気に入りましたw

    バスルームの様子

    続いて、先ほどちらっとご紹介したバスルーム。

    バスタブの横は洗面台とシャワーです。シャワーのドアも透明の蛍光グリーンなのですが、さすがはW、下品にならずにおしゃれにまとめていて素敵です。

    いかがでしたでしょうか?
    W台北に宿泊したら1度は泊まりたいファンタスティックスイート、宿泊を検討されている方の参考になれば嬉しいです!

    その他の客室や朝食、プラチナ特典など、W台北についてもっと知りたい方は、以下のまとめ記事をご覧ください!

    W台北の口コミ・宿泊価格をチェックして宿泊予約