リッツカールトン沖縄宿泊記:1泊56万円!最上級のスイートをレポート!

ザ・リッツ・カールトン沖縄 2ベッドルームスイート

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

うさ

渡航国は20か国以上、ホテルステイは年間75泊以上の旅好きアラサー主婦です。 現在はシンガポール在住のため、シンガポール生活、周辺国について記事をアップしていきます。

こんにちは!うさです!
こちらの記事では、リッツカールトン沖縄のトップスイート「リッツ・カールトン・スイート」についてレポートしています。

リッツ・カールトン・スイートとは?

リッツ・カールトン・スイートは「リッツカールトン」の中で1番ランクの高いお部屋になります。
ホテルの最上階に1室だけある、特別なお部屋です。

<リッツカールトン沖縄の客室ランク>

  • デラックスルーム
  • ベイデラックスルーム
  • プレミアデラックスルーム
  • カバナルーム
  • プレジデンシャルスイート
  • リッツ・カールトン・スイート  ←今回宿泊したお部屋

宿泊日の料金はなんと569,250円!!!
普通ならとても泊まれるお部屋ではないですが、
今回はマリオットプラチナ会員の特典でアップグレードしていただきました。

リッツカールトンスイート 客室料金

このお部屋は、105平米という広さのお部屋に、ジャグジー付きの約100平米のバルコニーが付いている計約205平米のとてもラグジュアリーなお部屋です。
リッツ・カールトン・スイートはコネクティングルームにもなるので、隣にデラックスルームがあります。
デラックスルームと比較すると、広さがよりおわかりいただけるかと思います。リッツカールトンスイート 客室図

ちなみに、反対側の721号室は「プレジデンシャルスイート」です。

バルコニーからは名護湾を一望することができます!

客室からの景色

では、さっそく、お部屋をリポートしていきたいと思います!

リッツカールトン沖縄のリッツカールトンスイートの様子

リビングルームの様子

お部屋に入ると、さっそくリビングルームと、名護湾の景色が目に飛び込んできます!

リビングルーム ソファ

リビングルームは、リビングダイニング、ミニバー、お手洗いで構成されいますので、エリアごとにご紹介していきます。

リビングダイニング

ゆったりくつろぐことのできるソファの奥に、ダイニングがあります。
家族と一緒にワーケーションで宿泊しても、ダイニングのデスクで仕事をすることができます。
リビングダイニング

リッツカールトン東京では、ウェルカムスイーツとしてマカロンやチョコをいただくことが多いですが、沖縄ではパインジュースをいただきました。
また、コロナの影響で、おしぼりとマスクが置いてありました。

ウェルカムギフト

ミニバーエリア

続いてミニバーです。

ミニバーエリア

さすがはスイートルーム、ボトルの飲み物も種類豊富です。

ミニバー ボトル類

東京のリッツ同様、ネスプレッソがあります。
奥には無料のお水がたっぷり4本と、ワインやコーヒーカップ、ロックグラスがあります。

ネスプレッソ

右側の引き出しは冷蔵庫です。
冷蔵庫の中は控えめで、自分たちで持ってきた飲み物も冷やせるようになっていました。
沖縄らしく、オリオンビールやさんぴん茶がありました。

冷蔵庫

左側は、スナックとケトルになっていました。
ケトルも東京のリッツと同じデロンギでした。

おつまみ

お手洗い

リビングの横には、お手洗いがあります。
お手洗い内には、洗面台もあり、すぐに手を洗うことができるようになっています。

ベッドルームの様子

リビングの奥がベッドルームです。

ベッドはキングベッドではなく、シングルベッドを2つくっつけた仕様でした。
この日は誕生日の宿泊でしたので、リゾートらしくタオルケーキでおもてなしいただきました!

ベッドルーム

冷蔵庫

ベッドルームにも冷蔵庫がありました。
ただ、こちらの冷蔵庫は空で、自分たちで飲み物を冷やすことができるようになっています。

ベッドルーム 冷蔵庫

こちらの冷蔵庫の上にも、アクアパンナ、サンペレグリノ、無料のお水が4本備え付けてありました。
南国だと暑くて喉が乾くので、このようにたっぷりお水を用意いただけるのは嬉しい気づかいですよね!

ベッドエリア ドリンク

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは、大きなスーツケースをおいても十分な余裕がありました。
セーフティボックスもここにあります。
また、長期滞在で荷物が多くなっても大丈夫なように、梱包用のダンボールも備え付けてありました。

ウォークインクローゼット

こちらのクローゼットにはビーチサンダルがありました。
とてもしっかりした作りで、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」のロゴが入っています。
滞在の後は持って帰っても良いとのことでした!

ロゴ入りビーチサンダル

バスルームの様子

ベッドルームのさらに奥が、バスルームになっています。

洗面台

洗面台は二面の作りです。
洗面台 ウェットエリア

洗面台の上には、全世界のリッツカールトンで使われているAspreyの石鹸、ボディローション、マウスウォッシュがおいてあります。

洗面台の上のアメニティ

引き出しの中には、リッツおなじみの箱に入った、歯ブラシ、ヘアブラシなどが入っています。

アメニティ

オーシャンビューのジャグジー

洗面台の奥はジャグジーになっています。
ジャグジーからは、名護湾の景色を一望できるビューバスになっていました。

ビューバス ジャグジー

ふかふかのバスタオルもたっぷり用意されています。

バスタオル

お手洗い

バスルームの中にもお手洗いがあります。
ワンフロアのホテルのお部屋に2つもお手洗いがあるなんてすごいですよね!

お手洗い

バルコニー

さて、いよいよバルコニーの紹介です。
バルコニーは、バスルームの奥からと、リビングルームの窓からの2方向から出入りできるようになっており、外で繋がっています。

バスルーム側エリア

こちらのエリアは広々としていて、ジャグジーがあります。
お部屋だけでなく、外でもジャグジーを楽しむことができるなんて、さすが最高級のスイートルームですね!

横にはごろんとできるエリアがあるので、ジャグジーで火照った体を冷やせます。
また、ジャグジーの奥はソファになっているので、ここでお酒を飲みながらジャグジーで遊ぶこともできます。

バルコニーソファ側から見たジャグジーはこんな感じです。完全な屋根ではないので、雨の時は入ることができませんが、ひさしになるので日陰ができます。

バルコニー ソファ

バスルーム側のバルコニーからは、沖縄マリオットホテルを見ることができます。
バルコニーからの眺め

リビング側エリア

リビング側エリアは、海に向いたイスが配置されています。

リッツカールトン 沖縄 宿泊記

こちら側からは、冒頭に載せた写真ですが、名護湾を一望することができます。

客室からの景色

下に見える建物は、アフターヌーンティーなどを楽しむことができる「ロビーラウンジ」になっています。

「リッツ・カールトン・スイート」の名にふさわしいゴージャスなお部屋でした。
次回またここまで素晴らしいアップグレードを受けることができるかはわかりませんが、素晴らしい宿泊でしたので、また機会があれば泊りに来たいです。

口コミ・宿泊価格をチェックして宿泊予約