翠嵐ラグジュアリーコレクション宿泊記:1泊50万円!翠嵐プレジデンシャルスイートの様子をレポート!

翠嵐 プレジデンシャルスイート

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

うさ

渡航国は20か国以上、ホテルステイは年間75泊以上の旅好きアラサー主婦です。 現在はシンガポール在住のため、シンガポール生活、周辺国について記事をアップしていきます。

こんにちは!うさです!

こちらの記事では、翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都の最上級のスイート、翠嵐プレジデンシャルスイートの様子をレポートしています!

翠嵐の客室ランクとアップグレード

「翠嵐ラグジュアリーコレクション」には、5タイプの客室、4タイプのスイートがあります。
今回は、マリオットプラチナ会員の特典で、なんと8段階のアップグレードで、プレジデンシャルスイートにアサインしていただきました!

< 翠嵐ラグジュアリーコレクションの客室 >

  • 翠月(すいげつ) モデレートツイン ←今回予約した客室
  • 月の音(つきのね) スーペリアツイン・キング
  • 柚葉(ゆずのは)デラックスツイン・キング
  • 京月琴(きょうつきこと)プレミアム和室
  • 白菫(しろすみれ)プレミアムキング
  • 暁露(あかときつゆ) エグゼクティブスイート
  • 渡月(とげつ)エグゼクティブスイート
  • 玉兎(ぎょくと)ガーデンテラススイート
  • 翠嵐(すいらん)プレジデンシャルコーナースイート ←アップグレードされた客室

翠嵐プレジデンシャルスイートの様子

こちらの客室の広さは94平米、ホテルに1室しかない特別なスイートです。

こちらの写真は、客室を外から見た写真ですが、2階部分は、2部屋客室があるのに対し、3階(最上階)の見えいている範囲は全て翠嵐プレジデンシャルスイートの1室の客室です。

とても広いですよね。

リビングルーム、ベッドルームに加え、温泉露天風呂が付いた贅沢な客室になっています。

ではさっそく、客室の様子をレポートしていきます!

ひろびろとしたリビングルーム

客室に入ってすぐは、ちょっとした廊下になっています。

窓の外からは渡月橋が見えます!

そして、右手にはお手洗いがありました。

そのまま廊下を進むと、リビングルームです!

写真で見るだけでも、かなり開放的な作りであることがおわかりいただけると思います。

テーブルの上にあったウェルカムスイーツは、おせんべいとドライフルーツ&チョコです。ドライフルーツの方は、翠嵐のロゴがついた木箱に入っており、高級な作りでした。その他に、みかんもいただきました。

コロナ対策グッズも。

テレビはこのように配置されています。

ソファは、寝転んでだらだらするのにも十分すぎる大きさで、ソファに寝転ぶとこのような景色が眼前に広がりました。

ダイニングエリア

リビングルームの奥には、ダイニングテーブルがあるので、ルームサービスを頼んで食事をするのにも使い勝手が良いですね!
ガラス張りの窓で、採光も抜群でした。

ミニバーエリア

ミニバーエリアです。

ネスプレッソ。

素敵だな、と思ったのが、このティーセットです。

この缶に、茶葉が入っていて、自分で淹れて飲めるセットになっていました。

茶葉だと手間がかかりますが、スイートでゆっくりする時には、このようなセットで優雅にティータイムというのも素敵ですよね!
もちろん、ティーバックの用意もあります。

グラスも何種類もありました。

冷蔵庫です。

開放的なバスルーム

続いて、バスルームです。

こちらの写真は、ベッドルームから撮った写真ですが、バスルームはガラス張りで開放的な作りになっています。
(もちろん、ブラインドも下がります)

洗面台周り

洗面台は向かい合う形で2面セットされています。

こんなきれいな洗面台、見たことがないです、、照明にクリスタルが反射してとても美しいです。

手鏡。こちらも細かいデザインが素敵です。

タオルはたっぷりセットされています。反対側も同様のセッティングでした。

アメニティはこのように箱に入ってセットされていました。

ドライヤーはレプロナイザーです。

BYREDOのアメニティ。いい匂いで大好きです。

シャワーと温泉露天風呂

洗面台の奥に2つ扉があり、

右側がお手洗い、左側がシャワーでした。

シャワーの奥が、露天風呂に繋がっています。

露天風呂は温泉で、いつでも熱々のお風呂に入ることができます。

翠嵐 ラグジュアリーコレクション 宿泊記

このように、すのこの壁を広めに開けて景色を楽しんだり、

扉を開けてバルコニーと繋げたりすることもできます。

露天風呂がすごく気に入って、夜も朝も楽しみました。

ベッドルーム

最後にベッドルームの紹介です。

かなり贅沢なスペースの使い方ですよね。

ホテルのベッドサイドって、左右対称な作りが多いと思うのですが、翠嵐のベッドは左右でランプのデザインが違いました。

素敵なデザインです。

ベッドの奥にはこんなスペースが。

足を伸ばしてテレビを見ることができます。

寝室にはバルコニーがあるのですが、バルコニーと露天風呂もつながっています。

収納もたっぷり!

クローゼットはここともう一面あり、収納スペースもたっぷりです。

ルームウェアは浴衣でした。

270度のパノラマビュー!

こちらのお部屋は、なんと270度のパノラマビューになっています。
リビングルームからは、渡月橋を望むことができます。

露天風呂とバルコニーからは、目の前に流れる桂川と、茶寮八翠が目の前に見えます。

ベッドルームからは、レストラン「京 翠嵐」など、翠嵐の建物と緑あふれる景色を見ることができます。

宿泊にかかったコスト

今回は、2月のローシーズンの宿泊でしたので、一番低いランクのお部屋を1泊7万円弱で予約しました。
しかし、アップグレードされた客室の価格はなんと50万円!

実際に支払った料金との差額は43万円です、、一生かかっても有償で宿泊することはできないような素敵なお部屋にマリオットのプラチナ特典でアップグレードしていただきました。

マリオットのカテゴリーは8なので、ポイント宿泊の場合は以下のポイントが必要です。

オフピーク スタンダード ピーク
70000 85000 10000

宿泊費が高額なホテルですので、ポイントでの宿泊もおすすめです!

翠嵐ラグジュアリーコレクションのまとめ記事は以下をご覧ください。

口コミ・宿泊価格をチェックして宿泊予約